金の価格が高いのは採掘総量でわかる

日本においてもいろいろな資源の採掘が行われています。その採掘場を見るとかなりの採掘跡を見ることができます。採掘されたからといってそこに目的物の全てが埋まっていたわけではないでしょうが、それなりにあるはずです。よく言われるのは野球場何杯分の表現です。数字で示されるよりもそういった例で示してくれたほうがわかりやすいです。非常に貴重と言われる金についてどれくらい採掘されたかです。今は西暦2000年を超えたところですが、人類が初めて手にしたのが6千年前と言われています。となると相当量採掘されているように思いがちです。しかし実際のところこれまでに採掘されたのは15万トンぐらいと言われています。オリンピックの公式プールで例えると約3杯分とのことです。とても球場1杯にもならないでしょう。それくらい希少価値が高いので価格も高くなってしまいます。

金の価格は供給される量によって決まる

需要と供給によって決められる場合、どれくらい供給能力があるかがポイントになるでしょう。金の場合にはだいたい年間2500トン前後で産出されていると言われています。他の資源に比べると少ないのでしょうが、なかなか想像できない量になります。その他市場から回収される物があるようです。日本においても回収が進められていると言われます。携帯電話にも入っているとされます。価格については供給量で決まるとも言えるでしょうから、安定して供給されることは必要としている人にとっては助かることでしょう。何らかの事情があって算出できないとなるとたちまち上昇してしまうことになりかねません。多くの人が動向を注目しています。日本でも輸入をすることが多かったのですが、携帯電話や電子部品からの取り出しが進めばそちらからの供給で賄えるかもしれません。

金の価格をどのようにして調べるか

日本の経済指標としては日経平均株価と米ドルがあると思います。ニュースなどで取り上げられることがありますし、新聞にも必ず掲載されます。新聞は毎日情報が出されますが、インターネット時代においてはリアルタイム性にはかけます。朝刊の情報と言っても、朝刊がでた頃にはすでに新しい情報になっていることもあるので間違えないようにしなければいけません。情報の調べ方を知る必要があります。金の価格についてどのように調べるかです。まずは新聞で調べる方法があります。主要な商品の前日のものについて調べることができます。日によって大きく変動することもありますが、朝一番となるとその情報を元にするのがいいのでしょう。最新の情報についてはホームページから確認することができます。商品情報を出しているところの他、売買を行っている業社のホームページに掲載されています。

Go on, Add your Voice!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*