金の価格が決められている市場

取引がされている場所としては市場と言われることがあります。ものを扱っている卸売市場、株を扱う株式市場、為替市場などが知られています。卸売市場や株式市場ではまさにそこで取引が行なわれていますが、為替市場は実際は特定の場所を表すわけではないとされます。東京市場と言ってある建物内でのみ行なわれているわけではありません。単に東京で取引が行われている時間であることを指します。金の価格を決めるとも言われる市場についてはどうなっているかですが、現在は4つの大きな市場があるとされます。為替同様にニューヨークとロンドンがあり、その他にはスイスのチュリッヒ、中国の香港です。今のところ東京には中心的なところはありませんが、同じアジアの香港市場において取引することが多くなるでしょう。為替同様に24時間休むことなく取引されると言われています。

金の価格は政治的な要因で変化する

世界には多くの投資家がいます。投資家が考えているのはいかに資産を増やすかになります。そこで資産を増やせる投資先を探しているのです。株式市場や為替市場商品市場など様々な市場に目を向けていると言われています。株式市場や為替市場に関してはあるときに大きく売られると言われます。有事が起きた時などです。投資家は持っている資産を売って別の資産を買うことになるのです。このときに買われることが多いのが金とされます。そのために有事の時には価格が上昇すると言われます。こちらで儲けようと考えるより、最も安定している資産に移そうとの考えがあります。有事が落ち着いてきた時は再び売却をして別の市場に移すことになるので価格は下落していきます。急上昇をすることはあっても暴落などがあまりない市場かもしれません。急に価値が下がることは少ないです。

金の価格は円高時に安くなる

円高とは他の通貨に比べて円の価値が高いことを表します。1米ドル100円だったものが80円になると見た目には下がったように見えますが、1米ドル100円したものが80円で交換できるようになったと考えればわかりやすいかもしれません。より少ない円で米ドルと交換できるようになるのです。アメリカから輸入する場合には同じ商品を購入するときでも少ない支払いで済ませられます。金の価格といいますと米ドル市場に影響すると言われます。そのものの価値だけでなく、ドル市場の変動でも変わるのです。そのものの価値が変化しない時でも円高になった状態においては通常よりも安く購入することができます。円高になると輸出に関しては厳しいこともありますが、その反面でいい部分も出てきます。逆に円安に進むことによって割高になってくると言われています。

Go on, Add your Voice!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*